大検証!ハゲを治し隊!ヘアメディカル体験談。あのAGA治療を受けてみた!

MENU

ハゲを治し隊!ヘアメディカル体験談。あのAGA治療を受けてみた!

ハゲを治療するため、とあるヘアメディカルでAGA治療を受けてみました。ハゲはただ毛が薄くなったりなくなるだけではなく、精神的に大きな傷跡を残すものです。コンプレックスになってしまって、外出するのを躊躇うようにもなれば、外出の際には帽子が手放せない。
そんな状況をなんとかしたいと思い、思い切って治療を受けてきたのでその時の様子をお話します。
aga9

・ホームページを発見しました

まずは何とかしたいとの気持ちから自宅から足を運べる範囲にあるクリニックを探しました。比較的交通の便が良い所に見つけたので、電話で予約しました。この時点ではどうなるのかよく分かっていませんでしたけど、「とにかく何とかしたい」との一心でした。
そしていざ足を運ぶと、クリニックはとても綺麗でした。
受付の女性の視線がニット帽に来ているなとは思いつつ、待合室で待機していると「毛髪診断士」との名札がある先生がやってきて部屋に招かれました。
そして、まずはホロスコープで自分の頭髪をチェック。モニターに映し出される自分の髪の毛とは対照的に、ふさふさな毛髪診断士に対してちょっとしたジェラシーも湧いてしまいました。ですが、説得力も感じました。毛髪診断士がハゲだったら希望が持てなくなりますからね。

 

・提示された治療方法

そこで提示された治療方法は、プロペシアとミノキシジルの併用。それでも自分で満足出来ないレベルであれば栄養を気になる部分に直接注入。かなりダイナミックだなと思いましたけど、その方が直接アプローチ出来るので効果が出やすいとの事。
とりあえずその日はプロペシアとミノキシジルの飲み薬をもらいました。

 

・使用を続けてみた

プロペシアを飲み始めてから抜毛が止まったかなと思った時期もあれば、一か月くらいした時にちょっと「あれ?」と思う程に抜けた時期もありましたが、こちらは説明を受けていた通りでしたからそこまで驚きはしませんでした。いわゆる初期脱毛と言う物らしく、特に珍しいものではないと。
プロペシアは24時間に1度摂取するのが理想で、決められた時間に飲むのが効果が高まると言われたので寝る前に飲むようにしました。
ミノキシジルもそのタイミングで飲むようにしました。そのような生活を二週間も送ると、うっすらとではありますが、産毛のようなものを肉眼で確認出来るようになりました。
とにかく本当に嬉しかったですよ。
aga8

・濃くなる部分と変わらない部分があるなと

自分は全体的に薄くなっていったんですが、この二つを飲み始めてから、頭皮全体から産毛が生えてきたような感じになって、それまでと頭皮の色とうか、それまでは肌色の方が目立ちましたけど、一か月もするとなんとなく黒も入るようになってきて、自分でも変わったなと思いました。
ただ、産毛は生える部分もあればそうでもない所もありました。こればかりはさすがにコントロール出来ないみたいですけど、とにかく「自分の毛」って事で本当に感動しました。だからこれからも続けていきたいですね。