気になる!!あそこのAGA治療ってどう?気になるヘアメディカルの評判を知る!

MENU

あそこのAGA治療ってどう?気になるヘアメディカルの評判を知る!

AGA治療はヘアメディカルの世界では決して珍しいものではなくなってきていますので、様々なクリニックで行われています。
基本的にはプロペシアにて男性ホルモンと酵素の働きを阻害し、ミノキシジルによって発毛効果を促進する。
これが基本的な流れになるのですが、それぞれのクリニックによってヘアメディカルの方法は微妙に異なりますので、いくつかご紹介しましょう。

 

・スキンクリニック

全国に店舗を構えているスキンクリニックのヘアメディカルの基礎は、まずはプロペシアを飲み、ミノキシジルを活用する。これに関しては変わらないのですが、ミノキシジルは塗るタイプではなく、飲むタイプです。
塗るタイプよりも飲むタイプの方が効果が強いと言われているのですが、一方では頭部だけに効かせるのが難しいため、全身の体毛が濃くなるとも言われているのです。
また、頭髪にもそれなりに栄養が必要ですので、栄養成分もくれます。
つまり、スキンクリニックのAGA治療は「飲む」になります。プロペシアとミノキシジルを飲む。塗るよりも栄養成分や有効成分をしっかりと摂取出来ますので、効果も高いのでしょう。

 

・横浜中央クリニック

こちらは「ハーグ療法」と呼ばれるAGA治療を行っているクリニクになります。評判も上々ですが、必ずしもハーグ療法を行うのではなく、まずはスキンクリニック同様、プロペシアとミノキシジルです。こちらは塗るタイプのミノキシジルとなっています。
それでも効果が出ない、あるいはもっと効果をと思った場合にはハーグ療法を受けられます。こちらは育毛有効成分を気になっている部分に注入する形になります。
ミノキシジルよりもより高濃度の栄養を注入する事になりますので、発毛効果が高いと言われているのです。
こちらはお値段は少々高額ではありますが、効果を実感している人がとても多いようです。

 

・なぜいろいろな方法があるのか

このように、なぜ様々な方法があるのかといえば、クリニックによってどうすれば毛が生えるのかの研究や持論が異なるからです。
また、クリニックはいろいろな患者を相手にします。
症例を見て「ではこうすれば良いのではないか」と気付かされる事も出てくるでしょう。
その違いはクリニックとしての武器であり個性です。それぞれが様々な方法によって「発毛」にアプローチしてくれているのです。
ですので、「どこでも同じ」だとは思わず、自分がどのようなハゲなのか。そして体質。これらを併せて、治療を考えると良いでしょう。
aga6