説明します!!ヘアメディカルの専門家が教えます!正しいAGA治療はこれだ!

MENU

ヘアメディカルの専門家が教えます!正しいAGA治療はこれだ!

医療も日々進化していますが、髪の毛いわゆる「ヘアメディカル」というジャンルに関しても様々な角度から解明が進んでいます。
そのため、かつてであれば諦めざるを得なかったような事も、現代では治療出来るようになりました。薄毛や抜毛もその一つです。かつて、薄毛や抜け毛と言えば黙って指を咥えているしか出来ませんでした。
どれだけシャンプーに力を入れても抜ける物は抜ける。
ある種の諦めのようなものもありましたし、育毛剤でなんとか頑張ったという人もいるかもしれません。
ですが、近年では脱毛にも様々な種類がある事が分かっています。特にAGA。こちらに関しては治療法も確立されています。
ですが、まだまだAGAの事をよく分かっていない人が多いのも事実です。そこで、AGAがどのようなものなのか、治療法も含めてお話するとしましょう。

 

・AGAとは何か

AGAとは「男性型脱毛症」と呼ばれているものです。抜毛や薄毛にも様々な種類があるのですが、AGAは毛穴の汚れだとか頭皮の健康だとかではなく、言うなれば「体質」になります。人間は、男性であっても男性ホルモンと女性ホルモンがありますが、髪の毛を生やそうとしてくれるのは女性ホルモンの力です。
それに対し、男性ホルモンは酵素と結託して髪の毛を抜こうとするのです。若い時は男性ホルモンはもちろん、女性ホルモンも活発にありますので均衡を保っているものの、年齢と共に女性ホルモンが弱くなってくると、男性ホルモンの働きを抑える成分がなくなってしまい、結果、抜毛が目立つようになっていくのです。
これがいわゆる「男性型脱毛症」と呼ばれている「AGA」の正体です。
aga5

・頭皮改善、毛穴の洗浄は意味がないのか

では、いろいろな所で囁かれている血行促進や毛穴を綺麗にしたりは育毛に効果がないのかというと、「AGAには」残念ながらあまり効果がありません。
体質によって毛が抜けていく以上、毛穴を綺麗にするといった「表面処理」では効果が出ません。
血行促進に関しては効果がないとは言い切れないのですが、AGAは抜けていく毛が増えていきますので、これを何とかしなければならないのです。
つまり、AGAの治療は毛穴を綺麗にしたり、血行促進のために頭皮をマッサージしたりではなく、男性ホルモンの働きを抑えなければならないのです。
体の外部からあれこれ行っても、男性ホルモンと酵素の働きを抑える事は出来ません。ではなぜそのような事が育毛剤のコマーシャルで言われていないのかといえば、そのような事を言ってしまっては誰も育毛剤を購入しなくなるからです。