勉強になりました!【実録】30代のAGA治療!あの有名なヘアメディカルを体験レポ♪

MENU

【実録】30代のAGA治療!あの有名なヘアメディカルを体験レポ♪

30代の男といえばまだまだ気持ちは若く、働き盛りな一方、体には確実に「衰え」が出てくるものです。早い人ではこのくらいから白髪に悩まされたり、抜毛が目立つようになったり。実は自分もこの年代。
抜毛に悩まされたのもあり、とあるヘアメディカルに行って治療を行ってきました。
aga4

・AGAという現実

ヘアメディカルのクリニックに足を運び、そこで衝撃的な事実を知りました。それは「AGA」というものです。「まさか自分が」というのが嘘偽りのない本音でした。
AGAという言葉は知っていました。
ですがまさか自分が「それ」になっているなどとは夢にも思いませんでした。しかも血液検査によって判明したのですから疑いの余地はないのでしょう。
その際、ホロスコープで自分の頭皮を見ました。鏡越しではよく分からなかったのですが、ホロスコープで見ると自分の頭髪の密度がかなり薄くなっている現実に気付かされました。正直、まさかここまでと思いました。
鏡ではそこまで近寄って自分の事など見ませんからね。ですが頭頂部とうなじ辺りとでは全然密度が違いました。そこで「現実」を突き付けられた気がしました。

 

・飲んで塗っての生活

クリニックからは、プロペシアと塗るタイプのミノキシジルをもらいました。プロペシアの効果はかなり良かったです。それまで起きた時、枕元にあった大量の抜毛が徐々に減っていったのが分かりました。
そして、ミノキシジルに関しては産毛も生えてきました。気になる部分に塗るようにと言われたので、頭頂部、そしてM字の部分に毎日2回、寝起きと寝る前とに塗るようにしました。
頭頂部に関してはすぐに埋まりました。M字に関しては産毛が生えました。まさかここまで効果が出るとは思っていませんでした。

 

・育毛の誤解

こちらのクリニックに足を運んで良かったなと思ったのは、毛が生えたのはもちろんですが正しい育毛の知識を得られた点です。
それまで、クリニックに通う前はおそらく多くの人が試していると思うのですが、ドラッグストアで「血行促進」「発毛促進」と銘打たれた育毛商品を購入して実践していました。
ですが、AGAの場合、それらはあまり効果がないというか、クリニックの先生にも「ローション代わり」「気休めでしょうね」とまで言われる始末。AGAの場合、ホルモンによってもたらされる抜毛をどうにかしなければならないと説明されたのです。この正しい知識を踏まえた上での育毛だったからこそ、良い結果をもたらしてくれたのではないかなと思っています。説明します!!ヘアメディカルの専門家が教えます!正しいAGA治療はこれだ!