えっ本当!!ハゲって遺伝?AGA治療の前に、ヘアメディカルで遺伝子検査!

MENU

ハゲって遺伝?AGA治療の前に、ヘアメディカルで遺伝子検査!

かねてからハゲは「遺伝」と言われていました。家族の誰かにハゲがいれば自分もハゲる可能性が高い。
いわゆる都市伝説として語り継がれてきましたが、これだけAGAに関しての研究も進んできていますので、AGAが遺伝子と関係あるのかどうかもまた、気になる部分なのではないでしょうか。

 

・ずばり、関係あります

結果から言えば、ハゲは遺伝的な要素もあります。ですが都市伝説にあるように、家族の誰かがハゲていれば「必ずハゲる」という訳ではありません。
あくまでも「リスクが高まる」です。人間は遺伝子によって体の形から声、性格等が決まると言われています。
AGAは、男性型脱毛症と呼ばれているものですが、男性ホルモンが5αリダクターゼと結合し、活発な働きをするようになって毛を抜いてしまう事です。
つまり、AGAではない人は5αリダクターゼが体の中にありません。ないのですから、男性ホルモンと結託する事もありませんし、毛を抜かせようともしません。
もちろん、抜毛や薄毛の原因はAGAだけではありませんから5αリダクターゼがなくとも加齢と共に抜毛は増えていくでしょう。ですが、5αリダクターゼが体内にあるのかどうかは、後天的な要因ではなく、先天的、つまりは遺伝なのです。
「家族にハゲがいる場合は自分もハゲる」という都市伝説は強ち大間違いではないのは、身内にハゲがいるという事は、身内にも同じように5αリダクターゼを体内に宿していた人がいるという事です。

 

・遺伝子検査を行う理由

実際、ヘアメディカルでは遺伝子検査を行ってAGAかどうかを判断します。ですが、家族にハゲがいないからといって安心出来るかといえば、それもまた違うのです。
身内にハゲがいなくとも自分自身に5αリダクターゼがある可能性とてあるのです。

 

・髪の毛だけではない遺伝

遺伝に関しては髪の毛だけではなく、体質全般に関わる部分になりますので、抜毛や薄毛だけではなく、例えば毛深いのも遺伝です。
ですが、ハゲる理由はAGAだけではありませんので、身内にハゲがいないからといって油断をしていると、いろいろな面で支障をきたすでしょう。AGA以外、例えばストレスですとか、ひぶん性脱毛症と呼ばれている頭皮の脂分が多くて抜毛に悩まされるケースとてあります。
遺伝は要因ではありますが、まったく心配する必要がなくなるものではありません。身内にハゲがいないからといって、暴飲暴食を繰り返し、頭髪もあまり洗わず、ストレスも溜めこみ睡眠もあまり取らない。
このような生活を送っていれば、ハゲるリスクは遺伝云々ではなく高くなります。
aga3