MENU

あなたのAGA治療見つけませんか?正しいヘアメディカルの選び方♪

AGA治療はどれも同じではありません。自分自身がどのような「ハゲの種類」なのかによっても治療方法は変わってきます。
ヘアメディカルもまた、細分化しつつありますので、自分に合った方法でのヘアメディカルが大切になってくるのです。ではどのような選び方が良いのか。いくつか具体例を挙げてみるとしましょう。
aga1

・頭頂部がハゲている場合

頭頂部がハゲている場合、AGAの程度としてはそこまで強いものではありません。ですので、プロペシアで脱毛を抑えつつ、育毛に関しては飲むタイプのミノキシジルで良いでしょう。
頭頂部はホルモンの影響が良くも悪くも出やすい部分ですから、プロペシアによって酵素との結びつきを絶つと、案外あっさりと毛が埋まるのです。また、頭頂部はダイレクトに反映されやすい部分ですので、AGA治療の基本とも言える手法で十分でしょう。
比較的短期間で結果も出るはずです。

 

・後退現象で悩んでいる

こちらの場合、少々注意が必要です。後退減少の場合、頭髪のラインがどんどん後退している所ばかりに目がいきがちですが、それらの範囲全体で抜毛が起きているのです。
プロペシアで抑えるのはもちろんですが、ミノキシジルもより多めに使った方が良いでしょう。塗るタイプよりも飲むタイプの方が良いかもしれません。男性ホルモンがかなり強い人ですので、根気よく治療と向き合うべきです。
時間もかかりますので、長期的なスパンで考えるようにしましょう。

 

・M字部分がハゲてきている

こちらはかなり厄介です。男性ホルモンが強いのはもちろんですが、実はM字部分は治療が難しいと言われていますので、プロペシアはもちろんですが、ミノキシジルをM字部分にしっかりと塗ると良いでしょう。
ミノキシジルも濃度が異なる物がありますので、出来る限り濃度を高めたものを気になる部分に、さらには長期的な視野が大切になってくるでしょうね。
こちらもまた、どうしても時間がかかりますので、根気よく治療と向き合う必要がありますし、効果があまりないと感じたら、M字部分に栄養成分を注入してもらうなど、プラスアルファが必要になってくるケースもあるでしょうね。

 

・ヘアメディカルも適当に行えば良いものではない

近年はヘアメディカルも細分化されていますので、「育毛」と言っても様々な手法があります。どれも同じではありませんので、それぞれ違うものだと弁えた上で、では自分には何が大切なのか。
自分一人だけで考えるのではなく、クリニックの先生に相談すると良いでしょう。
恥ずかしいかもしれませんが、恥ずかしがっていたらハゲから脱却出来ません。

 

自己流でAGA治療していませんか?間違いないヘアメディカルを実行

抜毛が目立ってくると、焦りが出てくるものです。「何とかしなければ」という気持ちからいろいろな事を行うかと思いますが、AGAの場合自己流ではどうしても限界があります。
むしろAGAはホルモンの影響によるものですから、外部からどれだけ何かを行っても、効果を上げるのは難しいのです。
ですが、AGAという言葉を知らないと、自己流でなんとかしようとしてしまうものです。
そこで間違ったヘアメディカルと、正しいヘアメディカルをお話するとします。

 

・間違った自己流のヘアメディカル

とにかく多いのが市販の育毛剤で何とかしようと頑張る事です。
こちらはAGA以外の理由で薄毛や抜毛に悩まされているのであれば効果は出るかもしれませんが、AGAの場合、ホルモンが影響しているのですから体の外部からどれだけ刺激を与えても難しいのです。
育毛剤、育毛シャンプー、ヘアトニック。
ドラッグストアに足を運ぶと、これらのアイテムがありますので、すぐにでも育毛を始められますが、AGAの場合、これらでは効果が出ません。
AGAは男性ホルモンと酵素の結託によって毛を抜こうとしているのです。外からどれだけ刺激を与えても難しいのです。
aga2

・AGAの正しいヘアメディカル

ではAGAの場合、どのようなヘアメディカルを行うのが「正しい」のかといえば、まずは男性ホルモンの働きを抑えなければなりません。プロペシアがこれに当たるのですが、フィナステリドによって男性ホルモンと酵素の結託を阻害出来るようになります。つまり、これによって抜毛が減るのです。
ですが、勘違いしてはならないのはあくまでもこれらは「抜毛が減る」であって「毛が増える」ではないのです。

 

・どうやって毛を増やすのか

ではどのような方法で毛を増やすのかといえば、こちらは様々な育毛剤がありますが、ミノキシジルが含まれているものは効果が出ます。リアップが「国内唯一の育毛剤」のように表現するのは、唯一ミノキシジルが含まれているからです。ミノキシジルは血管拡張作用によって毛を生やす成分で、これは薬用成分です。
決して医薬部外品ではありません。つまり、プロペシアで抜毛を止め、ミノキシジルで毛を生やす。
この二段構えの取り組みこそが、正しいAGA治療になります。ミノキシジルだけでは抜毛のフォローは出来ませんし、プロペシアだけでは毛は生えてきません。ですが、これらを両方組み合わせる事によって効果が出ます。
また、ミノキシジルだけではなく、育毛方法に関しては栄養を注入するなど、少々効果ではありあすが、よりダイレクトな効果をもたらしてくれるものもあります。

 

女性の場合AGA治療はどうなのか?

女性の場合あまりAGA治療は聞きませんが、これはホルモンの違いが関係しているといわれ、女性の場合育毛剤などやウィッグで対応する人多いようです。
男性の場合の育毛剤とは配合成分が全然違うので、男性とは別で考えた方が良いでしょう!産後の抜け毛などにも女性は育毛剤で対処するようです!